ニュース

福井に「子どもシェルター」を! 端将一郎さん(平成9年普通科7組卒業)

2021年9月28日

  弁護士の端将一郎さん(平成9年普通科7組卒業)が事務局長を務める「福井に子どもシェルターをつくる会」は、県内の弁護士や教育関係者ら有志でつくられた団体です。

会では、2019年12月から児童養護施設の関係者らと定期的に会合を開き、開設を目指しています。

県内に施設を設け今後の生活の在り方を考えてもらうということで、入所者には担当の弁護士が付くほか、常駐の社会福祉士や心理士もサポートしていきます。

この施設は「自立援助ホーム」も兼ねるそうで、「シェルター」「ホーム」ともども子どもが自分の意思で入れるのが特徴です。

施設は来年度中の運営開始を目指しており、スタッフや協力者を募っているそうです。

虐待やネグレクトを受けた子どもたちの「避難所」として、開設が待たれますね。

個人事業主向け、スマホで簡単にホームページ作成!

2021年9月24日

藪 和弥さん(平成21年普通科11組卒業)

「MOSH」は、個人事業主がサービスを販売するためのホームページをスマホで簡単に作成するシステムです。

「MOSH」を起業し代表取締役CEOを務めるのが、藪和弥さん平成21年普通科11組卒業)です。コロナ禍に見舞われ、オンラインでフィットネスやヨガ、理美容などの個人事業主が、予約や決済のためにホームページが必要になり、スマホで簡単に作成するシステム「MOSH」を使ってもらう機会が増えているそうです。業種はフィットネス以外に料理、音楽、語学など200職種に登り、利用者も3万8千事業主と好調です。

オンラインということで、顧客は全国に広がっています。

本社は東京ですが、「福井で活動している人たちの支援もしたい」とのことです。

ますます活躍の場が、広がりそうです。

父の思い(戦争体験)を風化させない稲田喜久郎さん(昭和44年普通科男子H組卒)

2021年9月17日

稲田喜久郎さん(昭和44年普通科男子H組卒)は、今年の夏「インパール作戦」に関する記事を目にしたことで、亡き父が残した自叙伝を改めて読み返す機会を得ました。

お父さんはこの「インパール作戦」に衛生兵として配属され、苛酷な日々を送りました。

衛生兵として怪我や病気の治療をするだけでなく、食糧の調達や、時には前線に出ることもあったそうです。

「インパール作戦」は、「史上最悪の作戦」とも言われるほど悲惨な戦いで、参加兵10万人のうち3万人が戦死、多くの傷病兵を出しました。

現在も世界のあちこちで多くの戦争が起きています。日本もいつか戦争に巻き込まれるかもしれません。今の平和が多くの方々の犠牲の上に成り立っているのを、忘れてはいけないと思います。

稲田さんは、お父さんがご健在の頃、戦争の話は「また始まった・・・」と聞き流していたそうですが、改めて自叙伝を読み返し、「後遺症に苦しみながら戦争の記録を書き上げた父を尊敬する」と

語っています。実体験からしか得られない事実があります。現在日本の人口の約8割が戦争を知らない世代となりました。稲田さんだけでなく、私たちも戦争を二度と起こさないために、戦争の惨禍を風化させてはいけないと思います。

友会開学140.141周年記念事業 「探究活動!教えて先輩」 開催

2021年7月19日

 7月13日(火)、開学140・141周年記念事業として、「探究活動!教えて先輩」が開催されました。
これは、県内経営者らのキャリア教育事業「地域の担い手プログラム」と連携して行われたもので、様々な職種の卒業生16人が集まってくださいました。
3年生商業科約60人が5~6人のグループに分かれ、卒業生が講師となって、仕事の内容や社会人としての在り方や仕事のやりがい、採用のポイントなどを話した後、生徒からの質問に答える形で行われ、生徒たちは熱心にメモを取っていました。最後にグループごとに要点をまとめて発表しました。
生徒からは「楽しかった」「役にたった」「面白かった」などの感想が多く聞かれました。生徒たちは職業意識を高めるとともにチームワークが大事なことや、人前で発表することの難しさなど多くを学んだようです。講師を務めた卒業生の皆さんも、生徒たちの様子に手ごたえを感じたようで、またこのような機会があれば開催したいとの意見もあり、実りある特別授業となったようです。次回の開催が待たれるところです。
先生方のご協力、ありがとうございました。

同窓会総会中止のお知らせ

2021年6月25日

 北陸学園同窓会では、来る7月3日(土)北陸高校にて開催を予定しておりました「総会」は、福井県に独自のコロナ感染症に対する緊急事態宣言が発令されたのを受け残念ではございますが、やむなく中止の運びとなりましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 全国的に感染者が増加傾向ですので、皆様気を付けてお過ごしください。

PAGE TOP