ニュース

森國晶子さん(平成10年6組卒)二度目の日本一へ

2018年4月13日

 福井市などでジェラート店6店舗を経営している森國晶子さん(平成10年卒)が、日本ジェラート協会開催の日本選手権で、2度目の優勝を果たしました。
協会が「マエストロ」に認定している職人の中から、日本とイタリアで入賞経験のある8人が出場しました。アーモンドを使う課題部門に出品した「深いりアーモンド 松の実のキャラメリゼと共に」は、観覧車風のあめ細工やジェットコースターを思わせる曲線の装飾などで遊園地をイメージし3位に、自由部門の「小春ローズマリーベリー」は、イチゴのピンクやラズベリーの紫といった鮮やかな色合いで春の風景を表現し1位となり、総合優勝を決めました。
 2月の大雪で食材の確保ができず練習が進まなかったそうで、事務局から出場を取りやめても構わないと言われたそうですが、意思が揺らぐことはなかったとのことです。「作品を目で楽しんでもらうためにデコレーション技術をとことん勉強した」そうで、審査員の坂井隆司協会長は「工夫と独創力が商品のイメージにあっていたかが勝負を分けた」と総評しています。
 森國さんは2013年の第1回全国コンテストでは里芋を使ったジェラートで優勝しておられ、今回2度目の優勝に輝きました。これからも地元の食材や珍しいスイーツを組み合わせた「福井ならではのジェラートを作ってみたい」と情熱を燃やしています。
出品した2種類のジェラートは「ジェラートトリノ 福井本店」・「アップルロード店」で販売しています。是非味わってみてください。美味しそうですね!

浮世絵プロジェクト進行中! 昭和55年卒業の石川浩さん

2018年4月7日

 越前市にある岡太(おかもと)神社・大瀧神社の千三百年大祭(5月2日~5日)に向け、実行委員会が浮世絵プロジェクトを進めています。副委員長を務めているのは昭和55年卒業の石川浩さん(福井県和紙工業協同組合理事長・北陸学園同窓会副会長)です。
 石川さんは石川製紙株式会社の代表取締役社長としてはもちろん、組合の理事長として
多忙な毎日を送っておられます。古代の越前和紙の復元や、越前生漉鳥の子保存会を設立しユネスコ世界文化財登録を目指し、和紙文化の向上と越前和紙の活性化のための活動をしています。2020年東京オリンピック・パラリンピックのチケットや招待状などへの越前和紙の採用を目指して、2年ほど前からアプローチを続けています。
 また、レンブラントの版画の一部に越前和紙が使われている可能性があり、国内外へのブランド力の向上や販路拡大に期待を寄せています。
 千三百年大祭ではクラウドファンディングで300万円を目標に寄付を募っており、A3版ほどの浮世絵(木版画・多色刷り・非売品)を制作、5万円からの返礼品として、また、高額寄付者への記念品として使われるそうです。
 石川さんは、「日本屈指の職人らによる木版画の制作と、千三百年大祭の成功に向け、ご協力を」と呼びかけています。ご協力、よろしくお願いいたします。
 千三百年大祭にも、是非足をお運びください。

中西 浩正六段(昭和62年商業科1組)好スタート 

2018年4月2日

 第42期県アマ将棋王将位戦(県将棋連盟 福井新聞社主催)のAリーグが1日、西別院で開催しました。開幕戦では、21人が出場し、中西浩正六段(昭和62年商業科1組)が8戦全勝と好スタートを切ったそうです。第2戦は8月5日・最終戦は10月14日、いずれも西別院で、熱い戦いが繰り広げられるそうです。今後の戦いが楽しみです。

ランドセルを寄贈 山田耕一郎氏(平成3年卒)

2018年3月12日

 平成29年度の「同窓の集い」実行委員長山田耕一郎氏(平成3年卒)が社長を務める山耕株式会社が運営する
ランドセル専門店「イクラボ」が、敦賀市の児童養護施設にランドセルを寄贈しました。
 山田社長は県内の児童養護施設の子供たちを支援しようと、平成16年4月から「イクラボ」のホームページ上
でチャリティーコーナーを設置、賛同した閲覧者が1クリックするごとに店側が10円を積み立てる「クリック
募金」に取り組んでいます。
 この日は、11種類のランドセルを持参し、好きなものを選んでもらったそうです。
 施設の園長から「本当にありがたい。」との感謝の言葉があり、子供たちの明るい笑顔に、山田社長は「今後
も続けていきたい」と話していました。
ご賛同いただける方は、ぜひ1クリックお願いいたします。

同窓会入会式 挙行

2018年3月1日

 3月1日(木)の卒業式を前に、2月28日(水)、北陸学園同窓会入会式がおこなわれました。
 会長・副会長・顧問の出席のもと、528名の新会員をお迎えしました。
 会長のあいさつのあと、入会のことば、同窓会表彰(12名)、記念品(印鑑とケース)の
目録の贈呈があり、同窓会役員および各クラス2名ずつの同窓会役員の紹介と続き、滞りな
く式典が終わりました。
 これから、528名のみなさんは、それぞれの道を進んでいきますが、常に北陸学園の卒業生
であることを忘れず、頑張っていただきたいと思います。
 既に44000名近くの先輩方がおられますので、皆様も初々しい後輩に対して、よきアドバイ
スをお願いいたします。

PAGE TOP