ニュース

八杉有飛さん(平成28年普通科9組卒) 子ども五輪開催へ

2019年10月10日

 一般社団法人エキマエモールと福井新聞社などのプロジェクト「学生まちづくり班」で、八杉有飛さん(平成28年普通科9組卒)が「子ども五輪」を発案しました。
 これは、福井市の中心市街地で2020年東京五輪・パラリンピックの競技を小学生に体験してもらうというものです。来年3月の開催に向け、福大附属義務教育学校の児童とともに企画を練っています。

 イベントは五輪の5競技とパラリンピックの5競技を、ミニゲームを通じて
体験するというもので、ハピテラスやアオッサ・空き店舗などまちなか一帯が会場となるそうです。

 八杉さんは「児童と協力しあっていいイベントにしていきたい。すべての人が一緒に楽しめるという体験を子どもたちにしてほしい」と、本番に向けて、頑張っています。

玉村裕保氏(昭和48年普通科9組卒)  市民公開講座で講演!

2019年8月29日

 玉村裕保氏(昭和48年普通科9組卒)は、現在福井県立病院陽子線がん治療センター長としてご活躍されています。
このたび、玉村氏が市民公開講座「福井と医療とテクノロジー」と題して、下記の日時に講演されるそうです。
福井で活躍されている先生方による、最先端医療研究の現状と未来をわかりやすくご講演いただき、『医学物理』の世界を知る機会となっています。
是非、ご参加ください。

日 時  令和元年9月14日(土)  13:30~
場 所  福井県県民ホール(アオッサ8F)
講 演  第118回日本医学物理学会学術大会
     市民公開講座 「福井と医療とテクノロジー」
入 場  無料

お問い合わせ先  第118回学術大会事務局(佐々木 誠)
         TEL. 0770-24-2300 (内線694)

酒井大那さん(平成31年普通科4組卒)、福井城の案内人に!

2019年7月30日

 小学生の時から大のお城好きな酒井大那さん(平成31年普通科4組卒)が、福井城址ツアーの案内人として、福井城の秘密に迫ります。
酒井さんは、考古学教授になるという夢に向かって、考古学を専攻しています。
また越前守dinoとして、SNSなどで情報を発信しています。
当日は、「福井城復元アプリ」で往時の福井城を見ることができるそうです。
楽しそうですね。
このような機会を通して、酒井さんも1歩ずつ夢に近づいているのでしょう。
ますます活躍してほしいですし、夢を実現させてほしいと思います。

日   時  9月1日(日) 午後1時30分~3時30分
お申込み先  順化公民館(8月25日〆切)

平成31年卒 荒巻勇仁君 フェニックスプラザにてライブ

2019年7月10日

    御   礼

2019年7月8日

 去る7月6日(土)に開催されました「同窓会総会」と「桐友会(集い)」は、おかげさまで盛会のうちに終えることができました。
多くの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
「桐友会」では、3月に北陸高校を卒業しプロ歌手として活動している荒巻勇仁さんのミニライブや抽選会で盛り上がりました。
来年は、北陸学園開学140周年記念として、7月4日(土)にフェニックスプラザにて開催されます。
今回参加してくださった方々はもちろん、初めての方も是非お越しください。
お待ちしております。誠にありがとうございました。

PAGE TOP